北海道の土地・建物の適正評価・鑑定のご依頼は、札幌不動産鑑定へ

札幌不動産鑑定株式会社

  • HOME
  • トピックス
トピックス
2016.03.23 平成28年 地価公示が公表されました

 3月23日(水)、国土交通省より平成28年1月1日現在の公示地価が発表されました。
 北海道の宅地の価格は、依然として多くの市町で下落が続いているものの、これまでの地価下落による
値頃感の醸成を背景に下落幅が縮小した市町が多くあったことや、札幌市で地価が大きく上昇したことな
どからから、商業地は上昇に転じるとともに、全用途の平均変動率は横ばいとなり、四半世紀続いた下落
に歯止めがかかった。

(北海道)
 住宅地▲0.5%(前回▲1.0%)
 商業地+1.2%(前回▲0.9%)
 工業地▲1.0%(前回▲1.3%)

(札幌市)
 住宅地 +2.0%(前回+0.7%)
 商業地 +6.0%(前回+1.5%)
 
 また、北海道内で地価の上昇率・下落率が最も大きかったのは以下のポイントでした。

(地価上昇地)
 住宅地 : 倶知安 -3(倶知安町字旭) +19.7% (全国順位1位)
 商業地 : 札幌中央5-13(札幌市中央区南1条東2丁目) +26.4% (全国順位10位)

(地価下落地)
 住宅地 : 増毛 - 2(増毛町南畠中町4丁目)▲8.3% (全国順位5位)
 商業地 : 稚内5-1 (稚内市中央3丁目) ▲7.8% (全国順位1位)

 なお、詳細につきましては、下記の国土交通省ホームページ「土地総合情報ライブラリー」にてご覧いただけます。


2015.09.17 平成27年度 北海道地価調査が発表されました

 平成27年7月1日現在の基準地価が発表されました。
 地価調査は、国土利用計画法(昭和49年6月25日法律第92号)に基づき、北海道が道内全域(179市町村)を対象にして、毎年7月1日時点での調査地点(基準地)の正常な価格(標準価格)を判定し公表するものです。
 北海道の平成26年7月1日から1年間の地価変動率は宅地及び宅地見込地の全用途で▲2.0%と、前回の▲2.3%から下落幅は縮小する結果となりました。なお、林地は0.7%と前回調査時の▲0.7%からプラスに転じました。
 用途別の平均変動率は以下の通りです。

(北海道)
 住宅地▲1.9%(前回▲2.1%)
 商業地▲2.1%(前回▲2.8%)

 札幌市につきましては、市全体として住宅・商業ともに上昇傾向となりました。
 用途別の平均変動率は以下の通りです。

(札幌市)
 住宅地 1.4%(前回0.7%)
 商業地 2.6%(前回1.0%)
 
 なお、詳細は北海道庁ホームページにてご覧いただけます(下記リンクをクリックして下さい。)。


2015.03.19 平成27年 地価公示が公表されました

 3月18日(水)夕刻、国土交通省より平成27年1月1日現在の公示地価が発表されました。
 北海道の平成26年一年間の地価変動率は全用途で▲1.0%でした。これは平成4年以降24年連続となります。ただし、全体としては下落幅は縮小する結果となりました(平成25年一年間は▲1.1%)。
 用途別の変動率は以下の通りとなっています。

(北海道)
 住宅地▲1.0%(前回▲1.0%)
 商業地▲0.9%(前回▲1.3%)
 工業地▲1.3%(前回▲1.8%)

(札幌市)
 住宅地 +0.7%(前回+1.2%)
 商業地 +1.5%(前回+1.6%)
 工業地+0.3%(前回+0.4%)

 また、北海道内で地価の上昇率・下落率が最も大きかったのは以下のポイントでした。

(地価上昇地)
 住宅地 : 倶知安 -3(倶知安町字旭) +9.2%
 商業地 : 札幌中央5-6(札幌市中央区大通東) +7.1%

(地価下落地)
 住宅地 : 古平 - 2(古平町大字御崎町)▲9.7%
 商業地 : 古平5-1 (古平町大字浜町) ▲9.4%

 なお、詳細につきましては、下記の国土交通省ホームページ「土地総合情報ライブラリー」にてご覧いただけます。


2014.03.18 平成26年 地価公示が公表されました

 3月18日(火)夕刻、国土交通省より平成26年1月1日現在の公示地価が発表されました。
 北海道の平成25年一年間の地価変動率は全用途で▲1.1%でした。これは平成4年以降23年連続となります。ただし、全体としては下落幅は縮小する結果となりました(平成24年一年間は▲2.8%)。
 用途別の変動率は以下の通りとなっています。

(北海道)
 住宅地▲1.0%(前回▲2.5%)
 商業地▲1.3%(前回▲3.2%)
 工業地▲1.8%(前回▲3.3%)

(札幌市)
 住宅地 +1.2%(前回▲1.2%)
 商業地 +1.6%(前回▲1.1%)
 工業地 +0.4%(前回▲2.8%)

 また、北海道内で地価の上昇率・下落率が最も大きかったのは以下のポイントでした。

(地価上昇地)
 住宅地 : 札幌中央 -7(札幌市中央区北) +3.1%
 商業地 : 札幌中央5-28(札幌市中央区南) +1.9%

(地価下落地)
 住宅地 : 旭川 -21(旭川市高砂町)▲8.9%
 商業地 : 紋別5-1 (紋別市本町) ▲9.5%

 なお、詳細につきましては、下記の国土交通省ホームページ「土地総合情報ライブラリー」にてご覧いただけます。


2013.09.20 平成25年 北海道地価調査が公表されました

 9月19日夕刻、平成25年7月1日現在の基準地価が発表されました。
 地価調査は、国土利用計画法(昭和49年6月25日法律第92号)に基づき、北海道が道内全域(179市町村)を対象にして、毎年7月1日時点での調査地点(基準地)の正常な価格(標準価格)を判定し公表するものです。
 北海道の平成24年7月1日から1年間の地価変動率は宅地及び宅地見込地の全用途で▲2.8%と、前回の▲3.7%から下落幅は縮小する結果となりました。なお、林地は▲3.1%と前回調査時の▲3.2%に近い下落幅となりました。
 用途別の平均変動率は以下の通りです。

(北海道)
 住宅地▲2.6%(前回▲3.3%)
 商業地▲3.6%(前回▲4.8%)
 工業地▲3.0%(前回▲4.3%)

 札幌市につきましては、市全体として住宅・商業ともに上昇に転じ、平成20年のリーマンショック後、5年ぶりに上昇となりました。
 用途別の平均変動率は以下の通りです。

(札幌市)
 住宅地 0.5%(前回▲1.8%)
 商業地 1.4%(前回▲1.8%)
 全用途 0.7%(前回▲1.4%)

 なお、詳細は北海道庁ホームページにてご覧いただけます(下記リンクをクリックして下さい。)。


3ページ中2ページ目